中期経営計画

2015年10月に100周年を迎えました。
引き続き、株主、お客様、お取引様および従業員など全てのステークスホルダーからの期待に応える信頼性の高い企業を目指し、2016年4月より新中期計画「サステナ2020(ニーマルニーマル)」を開始いたしました。

「サステナ2020」のミッション

事業を通じて持続的発展が可能な社会への転換に貢献する

「サステナ2020」のテーマ

持続的成長を継続するための事業構造・ポートフォリオ転換

目指すべき数値目標

  • 売上高+20%(1,100億円)
  • 純利益20億円
  • ROE10%以上
連結売上高グラフ
連結純利益グラフ

「サステナ2020」具体的な取り組み方針

「攻めのガバナンス」体制を構築し、コンプライアンス・内部統制を強化しつつ、生産性の向上によるコスト抑制を図り、M&A推進による事業領域を拡大、機能の拡充を行うことにより高島ならではのダントツ戦略を推進してまいります。

「サステナ2020」具体的な取組み方針の図

1ダントツ戦略の更なる進化

「省エネ」「軽量化」「省力化」を戦略領域とし、それぞれの領域で当社ならではのソリューションを提供してまいります。

2M&A推進による事業領域拡大と機能拡充

新規事業領域の拡大と付加価値機能の強化を目的とし、M&Aを積極的に推進することにより、事業ポートフォリオの転換を推捗させてまいります。M&A実施後は効果的な統合に努力を傾注し、早期にグループ全体でシナジー効果を創出すべく活動してまいります。

3生産性向上による強靭なコスト競争力獲得

業務全体の見直しを行い、内部統制・コンプライアンス体制を堅持しつつ、システム化などを通じて積極的な生産性の向上を推進してまいります。生産性の向上によるより一層のコスト削減を図ってまいります。

4コーポレート・ガバナンスの強化

監査等委員会設置会社への移行に伴い、社外取締役の増員などを通じ、「コーポレートガバナンス・コード」の諸原則も踏まえ、より充実した「攻めのガバナンス」体制の構築に向け継続的に取り組んでまいります。

本資料にて開示されているデータおよび将来に関する予測は、本資料の発表日現在の判断や、入手可能な情報に基づくものであり、経済情勢や市場動向の変化等、様々な理由により変化する可能性があります。従いまして、本資料に記載された目標・予想の達成および将来の業績を保証するものではありません。

ページのトップへ戻る